アプリメーカー
ほうき
ほうき

サイトを作ってみた

「彼女の情報を」 黒Tシャツの男がそう言うと、会議室にいた灰Tシャツの男女の表情が張り詰めた。 その中の一人が、黒Tシャツの男に対して話を始めた。 「彼女は、13歳の少女です。………リーダー、まさかあなたが年下好きだったなんて…」 「ストップ。私が年下好きなのは認めよう。そして彼女が守備範囲なのも認める。しかし、今回は彼女と恋愛関係になりたい訳ではない。」 「………でしたら、何故彼女の情報を求めるのですか?」 「それは、彼女が特別な力を持っているからだ。B子くん。頼んだ情報はゲットできたか?」 黒Tシャツの男はそう言って、自分の向かいにいる女性に視線を合わせた。 「………その漫画のモブキャラみたいな呼び方、やめてもらえませんか?私には毒島陽子というちゃんとした名前があるのですが。」 B子と呼ばれた女性は、少し不機嫌そうにそう言った。 「すまないねえ。そういったほうがより漫画っぽいと思ったから。」 「…………まあいいでしょう。彼女の能力について、ですね。 彼女はとてつもない力を持っています。その気になれば世界を崩壊させることすらできるでしょう。力の種類は、『破壊』ですね。」 長い沈黙が訪れた。一秒一秒が何時間にも引き伸ばされる、そんな錯覚を覚えてしまう程に、今の空気は張り詰めている。 「…?皆さん、流石に驚きすぎでは?………多分、大丈夫ですよ。彼女はそんなことする人じゃないです。」 そんな彼女の言葉がなければ、意識が戻ることは無かっただろう。 「やはり私の予想通りだったか…」 黒Tシャツの男の発言に、毒島が反応する。 「予想通りで良かったですね。しかし、これほどの力を秘めている少女に対して、一体何をするつもりなんですか?」 毒島の問いに、黒Tシャツの男は答えた。 「…………この組織、ウサンサイークに招待する。そして、協力してもらう。」 「拉致じゃなかったか。」「良かったね〜。」「俺、リーダーが年下好きだって聞いたときからハラハラしまくりだったよ…。 」 途端に会議室がざわめく、黒Tシャツの男は、それが静まるのを待ってから、言った。 「ふむ。彼女のことが少し分かった。最後に…彼女の名前を聞きたい。誰か知ってるか?」 一人の男が立った。 「はい。彼女の名前は____武田 春美、です。」

流行中!!

《特集》冬!

公開されている編集画面を見る