アプリメーカー
たま
たま

【拡散希望】見知らぬエロ垢からいいねされる原因と対処法(追記:アカウント乗っ取りについて)

※当記事は2015年02月01日当時に書いたものがベースとなっており、その後何度か改訂しています。  最近「知らないアカウント(アダルトな内容であることが多い)から突然ふぁぼられた(いいねされた)」という不気味な現象を体験したという方は多いと思います。  その件について一部で「アプリメーカーやWeb書道というサイトが原因だからアプリ連携を外せば大丈夫」というデマが拡散され風評被害が出てしまっているようです。  アプリメーカーでアプリを作らせて頂いている私のような製作者の立場から見ると、アプリメーカーで作ることの出来るアプリにそのような機能を持たせることはシステム的に不可能なので全くのデタラメだとわかるのですが、すっかり信じてその情報を拡散してしまっている方もいるようです。  結論から言うと、それは「ツイッターBOTを作れるウェブサービスの機能を悪用したものでアプリメーカーやWeb書道とは関係ない」と思います。  それではなぜそのように考えたのか説明します。  まずBOTとは「製作者が設定しておいた文章を一定時間ごとにオートツイートするロボットのようなもの」です。  通常はプログラムの知識などが必要ですが、そのBOTを手軽に作れるウェブサービスが幾つか存在しています。  そしてそのBOTの機能のひとつに「自動お気に入り機能」というものがあります。  これは何かというと「BOTの作者があらかじめ設定しておいた単語を一定時間ごとに自動ツイート検索させて、その単語を含んでいるツイートを手当たり次第自動でお気に入りさせる」という機能なのです。  例えばBOT製作者が「好き」という単語を設定しておいた場合、「好き」という単語を含んだツイートが一定時間ごとに自動ツイート検索され、自動お気に入りされるようになります。そのツイートがたとえ誰かへのリプライだとしてもお構いなしというわけです。  自分の経験だと「ごろごろ」という言葉を含んだツイートをしたら突然ふぁぼられ(いいねされ)ました。「時間」「ふぁぼ」「あり」「買い物」「ねむ」という言葉や「顔文字・記号」に反応するなど他にも幾つかのパターンがあるようです。  なぜそれがわかったのかというと、そういうアカウントのお気に入りを覗いてみたところ、同じ言葉を含んだツイートばかりふぁぼっていた(いいねしていた)からです。これはBOTとしての機能に他なりません。  中には「アプリメーカーのアプリ連携を外したらファボが来なくなった(いいねされなくなった)よ」と呟いている方もいらっしゃるようですが、それは全くの勘違いで「たまたまBOTが設定している単語を最近呟かなかっただけ」なのです。  現に「連携を外した後もふぁぼられた(いいねされた)」という方が結構いらっしゃいますし、アプリメーカーのせいにするのは筋違いというわけです。  対策としては今のところ面倒でもひとつひとつ地道に相手のアカウントをスパブロするか、自分のアカウントに鍵を掛けるしかありません。  スパブロは一度に大量にやり過ぎると自らのアカウントが凍結の対象になるという話もありますが、極端な数でなければ問題ないはずです。  私はいちユーザーに過ぎませんが、アプリメーカーやWeb書道に対するいわれのない風評被害が少しでも減ればいいなと思い、この文章を書かせて頂きました。  もし間違った情報をうっかり拡散してしまったという方がいらっしゃいましたら訂正をお願いします。  また風評被害の軽減に賛同して頂ける方はぜひ下記のツイートボタンからツイートして頂ければと思います。 【追記】  エロ垢ふぁぼ(いいね)の件とはまた別の話となりますが、「いつの間にか自分のアカウントから勝手に自動RTされた」というアカウントの乗っ取りのような事案もツイッター上で報告されています。  これは確かにあなたが知らないうちに悪質なアプリケーションをアプリ連携してしまった可能性が高いですが、これについてもアプリメーカーやWeb書道とのアプリ連携を原因にあげている方がいます。  しかしこちらの噂も全くのデマであり、アプリメーカーやWeb書道が原因ではありません。  そもそもアプリメーカーやWeb書道は利用者が多く実績のある信頼性の高いウェブサービスであり、信頼を損なうスパム行為をやっても何の得もしないわけで、そんなことをやる必要性がないわけです。この二つのウェブサービスがアプリ連携を必須としているのはサービスの機能上その必要があるためでスパム行為とは無関係です。  中には「アプリメーカーで作ったアプリの中にそういうスパムが混じっているのではないか」というツイートをされている方もいるようですが、そもそも前述したとおりアプリメーカーで作ったアプリにそういう機能を持たせること自体アプリメーカーの仕様上絶対に不可能なのでありえない話です。  これを読んでくださった方は面倒でも定期的に自分のツイッターアカウントの「設定」から「アプリ連携」の項目を確認することをオススメします。自分が意識的に利用した覚えがないアプリケーションがあったらスパムである可能性が高いです。連携を解除しておきましょう。  但し、念のためにもう一度言いますが、アプリメーカーやWeb書道はスパムとは全くの無関係ですのでお間違いのないように。    それでは皆様、正しい情報を知った上で気軽にアプリを楽しんで頂ければと思います。  長文失礼致しました。 

流行中!!

殿堂入りアプリ!